脳内直結「声優脳」


by lunettes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

タグ:買い物 ( 65 ) タグの人気記事

雨が降っていなかったら五月祭に行ってみようかとも思っていたんです。

今年は五月祭がなかったということだ。
考えてみれば入学してから五月祭がなかったのは04年だけだったのだなぁ。
03:ミックス/富野
04:-
05:サトリナ
06:さおりん、ナージャ/こばゆう
07:みのりん/あずまっさ。
08:-
ふむん。明日は雨がやんだら本郷行ってみるかなぁ。自転車って止められるんだろうか。


最近ようやく春新番をそこそこ消化した。あと溜まってるのは『図書館』、『ホリック』、『ゴルゴ』、『マクロスF』、『イタキス』か。結構あるなぁ。あ、『ネオアン』もだわ。1話すら見ていないのは『図書館』と『マクロス』、『ネオアン』だけだが。後ろ2作は1話、録れてないがな。
というわけで簡単な感想でも書けばいいんじゃないかしら。会報に送らなかったし。

『絶対可憐チルドレン』。
まあ、OPはかわいいよなぁ。だいたーん。としか言い様がないが。
あとは、そうねぇ、平野。いや、しんどくはないのだよなぁ。まったくもって。むしろとまっちゃんの方がきついときあるものなぁ。いや、一番しんどいのはますみんだというのは案外口に出すほどのことでもないなぁ。じゃあしんどくないです。

『R2』。
やはり聴くべきは小清水であることだなぁ。この女、大外しするかと思えば、予想外のところにはめてくるから油断ならんよなぁ。ガンスリしかり、エウレカ終盤しかり。
唐突に抑制した演技を挿入するから困るってことだな。こちらが期待していた演技が来ずにおっと思ったところにすっと入り込まれる。まあリフレイン近辺のことを想定して言ってます。
まあ他の部分のカレンはアホの子でかわいいよねって言っておけばいいよ。

『ナバ王』。
一聴、奈々ちゃんに聴こえた藤村歩ってあたりに、我がどの辺で声優を認識しているかと言ううのが分かりかけた気がしたなぁ。が、するりと抜けていくのだわ。
というのは。こう、ふっと声を上げたときの藤村というのが奈々ちゃんに聴こえたわけなのだが。長いセリフだとさすがに別人なのだが。こう、ちょっと気道を狭めた感じの演技のときに強めの発声をしたときの両者の相似というやつだ。
こう、声の中心線ではなく周縁で判別しているとそのへんで判別できないときがあるという話。
まあ、あとはキャラの見た目のせいというのもあるが。歌唄。

『ソウルイーター』。
いや、オミガワはすごくかわいいし、興奮するよ。本とに。けど、結局それって性的な部分に反応しているだけなのではないか? そう思うと素直にかわいいと言うのは恥ずかしい気になる。

『ヴァンパイアほっちゃん』。

『モノクロームファクター』。
こう、安直なナージャを見ると安心するなぁ。

『うちの三姉妹』。
こういうエッセイマンガがいらっと来なくなったくらいには大人になったと言うことか。しんどいときは多々あるが。松本ぷりっつなぁ。『ぴよぴよ保育園あいこせんせい!』はそこそこ好きです。
フースーチーあいあいがあまりにかわいいってのはあるわ。

『RD』。
むっちりしていってね!
沖佳苗。りあるどら~いぶ!の映像見てる限りでは声優ファン受けするようには見えないのだが。そう思うといとおしいなぁ。
こう、前掲姿勢の演技をする新人声優なぁ。いや、森功至がちゃんとそれを受け止めてくれるってのはいい環境ではあるなぁ。

『秘密』。
そこまで卑しめられる仕事内容とは思えないのでどうにも見づらい。いや、それ以外の要素のせいってのも大きいが。でもズンチャチャなるBGM、結構好きなんだぜ?

『5Ds』。
あしたのジョーみたいだなぁ。

『テニプリ』。
あれ? 序盤のほうがおもしろくね?

『とらぶる』。
戸松なぁ。たぶん、いま、一番判別しづらい時期だなぁ。我の中で。
というかむしろこの女、やっぱり顔が判別できんわ。声グラ見ておどろくもの。
大学はいったばかりの若い女の子っておそろしいなぁ。あと数ヶ月もすると化粧とかのしかたも固まるのだろうか。

『きらレボ3』。
3Dアニメはともかく。
こべにちゃんかわいいなぁ。眼鏡補正はもちろん入っているが。でもまあ身近にいたら勘弁っては思うが。
OPEDともアニメは微妙だが、歌自体はこれまでの中でかなり好きなほうかもしれない。単純にのりがよいものな。

『イタKiss』。
2、3話は見た。
奈々ちゃんこれ、声優過ぎね? かわいい。
こう、奈々ちゃんの半テンポ遅れてやってくる鼻声の部分ってすごくかわいくてしかたなく、声優を感じる我の何か。
結局その部分って高校生とかその辺の、恋愛とかその辺のことが思考の中心を占めている感じをうまく表現できる気がするのだが。
トウマとかは逆にそのへん後を引かなくて、むしろ出だしにこめてくるからさっぱり聴ける気はするな。なんだそれは。

『レスキューフォース』。
あれ、このパトカー喋れたのか。今日の放送までまったく気付いていなかった。

『おはコロ』。
さすがに南海さんきつくなってきたなぁ。むしろロックマンが見たい。むしろミサトンの歌が聴きたい。

『精霊の守り人』。
バルサえろいわ。

『二十面相の娘』。
さすがに、いたいけな女の子拾ってきておじさんって呼ばせてなつかせるってファンタジーにも程があるわ。かわいい。おじさんが。
平野綾かわいくね? これは。そうよね、あまりにいらんことを読み込みすぎて、かつ何故かそれが安直な部分で表現されるきらいのある平野綾が、プラスのほうに遺憾なく発揮されているといっても過言ではないな。
しかしまあ、平野綾にこんな役やらせて「Unnamede World」歌わせるってのは、壮大な皮肉か何かか。7話からどうなるかは分からんが。
うーん、何かまだ見落としている気がするが、それはまた。


1話たりとも見ていないのだが、『ロザパンツ』のキャラソンがとっても良いなぁと感じてるこの頃。
すこし話はずれるが、何だかんだで、スターチャイルドのキャラソンが一番いいよなぁと思っていて。それというのは結局そのつくりが、○○みたいな曲、とかいうオーダーで作られた歌を素直に声優さんが歌っているということからくる居心地よさというのはあるよなぁと。
で、そのとき、そこらへんの言い訳すっとばして昭和アイドルのカバーを歌わせるってのはそうよねぇ、あまりに正解過ぎて困るという話ではあるのよね。
あー、ロザバンの曲ってキングなのか。うーむ。だが、スタチャではなく、VCのほうだよなぁ。うーむ。どう評価すべきか。

最近の買い物メモ。入院中、退院後も大量に、本、CD、ラノベ、マンガ等々買っている気もするが、めんどいのでここ最近の。
涼宮ハルヒの憂鬱 (6) (角川コミックス・エース (KCA115-8))
谷川 流 / / 角川グループパブリッシング
こんな適当な絵だったっけか。キョンとかかなり適当じゃね?
涼宮ハルヒちゃんの憂鬱 (1) (角川コミックス・エース 203-1)
ぷよ / / 角川グループパブリッシング
前半は安直な気がしたが。が。
センネン画報
今日マチ子 / / 太田出版
帯に”森見登美彦氏、絶賛!”とか書いてなかったら買わんわ。うんこ。
さすがにこれを絶賛するのは妄想こじらせた大学生過ぎやしないか、森見さん。
そして何を思ったか、これ読んだ後に『黄色い本』(高野文子)を読み返してしまった。何でだ。
大学入学直後に読んだときの感想は忘れてしまったが、今日読んだら、なんだか、最後のほうでぐっと来るものがあった。さすがに卒業が見えてきた今となると見えるものが違うのかしら。見えては来ていないが。
僕たちの終末 (ハルキ文庫 き 5-3)
機本 伸司 / / 角川春樹事務所
機本の本は毎回設定がぬるくて穴だらけでうんこだなぁと思いつつも、ラノベ的な感覚で買ってしまうアイアム。
地中海世界のイスラム―ヨーロッパとの出会い (ちくま学芸文庫 ワ 13-1)
W.モンゴメリ・ワット / / 筑摩書房
確かにワットさんの手つきは温かみがあるなぁとは思った。何だそれ。
いつ
[PR]
by lunettes | 2008-05-25 01:35 | アニメ

懐かしい宇宙。

くらう~。クラウはどこへ行きたいの~? あー小林美佐かわいいなぁ。もう一度でいいから母親でないこばみーを聴きたい。KURAUは確かフォニシア的な人だなぁ。音監。傷ついた。

07のオブザイヤーかもしくはTOP10でも考えてみようかなぁ。去年はアニメたいして見られなかったなぁ、というのは何度も言っているがU局が見られないせいなのだが。ほとんどU局アニメを見ていないというのはどこかで補完しないといけないのかしら。

07アニメ
1.スケッチブック
なんつーか香菜ちゃんの視点が泣けるにも程があるよ。こんなに共感できて共感を求めない主人公初めてだなぁ。泣けるわ。
2.みなみけ
あー、何で面白いかよくわからんわ。脇の脇にいたるまで声優もよく考えられてるし、インフレ期の井上麻里奈においても外さない堅い演技をしている。と思う。
3.がくえんゆーとぴあ まなびストレート!
これも何でだろうなぁ。最終回まで見てないどころか僕の見たところまででは未だに学園祭が実行されるのか中止になるのか結果が出てないよ。でも3位にしてみた。だってあの辺使ってる割にバランスいいしなぁ。ってみなみけもだが山中Pが好きなのか? んなことないよなぁ。曲も好きだし。サウンドも。キチガイまなびちゃんの見てる世界が映像として伝わってきたし。きっと。たぶん。
4.DARKER THAN BLACK 黒の契約者
水樹奈々と福圓美里勝ちだわ。いや、他もだが。設定萌えの心をくすぐったってことにしよう。
5.ひだまりスケッチ
でもこれは声優というよりは映像勝ちかしら。アスミンはいいけど。新谷もいいなぁ。邑子もいい。じゃあ声優もいいってことにしようか。

6.キスダム -ENGAGE planet-
7.しゅごキャラ!
8.怪物王女
9.爆丸バトルブローラーズ
10.もやしもん

6-10は書くのめんどくなった。そのうちまた書くかも。いや、書かないよそれ。何か自分でもいまいち納得のいかないランキングだなぁ。何でだ? かじっただけのU局アニメでちゃんと見たいのはぽてまよ、桃華月憚とゼノグラシアかしら。あとWOWOWアニメ好きとしてはその辺も機会があれば見たい。ぽてまよとゼノグラシアちゃんと見たら多分10位以内には入りそうだ。
基本的に4位のDTBを除いて5位までは複数回見ているわ。それもかなりの回数。結局流してて飽きないアニメか声優的に面白いアニメが上位に来るってことかしら。


『みなみけ おかわり』#1
うん、いやスタチャは無印のほうがいいよねという信念を持ってはいるが。『シスプリ』しかり、『双恋』しかり『ネギま』しかり。いまのところはトータルとして無印のほうがいいとしか言えないが。まああと何話か見ないと分からないよねくらいは言ってもいい気がするなぁ。
なんにしろ歌は無印がいいなぁ。『シスプリ』にしろ(ry。
何で音周りだけ変えてないんだろう。ストーリーも無印とおかわりが続いているのかどうかは今のところ分からないが、続いてないとは言えないあたりをぼやかしつつ、感覚的にはシームレスにつなげてはいるわ。


年始と今日の買い物@書籍部とか
REC 8 (8) (サンデーGXコミックス)
花見沢 Q太郎 / / 小学館
7巻をまだ読んでないが誰かがネタバレしてくれたから9巻くらいまでは読まなくていいかな。
ああっ女神さまっ 36 (36) (アフタヌーンKC)
藤島 康介 / / 講談社
これもまだ36と思うかもう36と思うかだなぁ。
妹は思春期 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)
氏家 卜全 / / 講談社
ああ、終わってしまったなぁ。しかしだんだん巻が進むにつれて下ネタが露骨になっていったからまあこの辺がいいか。
重力と恩寵―シモーヌ・ヴェイユ『カイエ』抄 (ちくま学芸文庫)
シモーヌ ヴェイユ / / 筑摩書房
いや、毎回買おう買おうとは思っていたが立ち読みするたんびに読みづらいし求めていることはたいして書いてないなぁと買いそびれていたのだが、さすがに重力と恩寵と言うわかりやすいタイトルは買わずにはおれまい。
ホルモー六景
万城目 学 / / 角川書店
まさか森見よりさきにマキメが映像化するとは。そして今度は角川か。そして鴨川ホルモーやっぱり思想的に好きになれないからこれもどうかとは思うがジャケットに眼鏡っ娘いるしなぁ。
皇居前広場 増補 (ちくま学芸文庫 ハ 26-1)
原 武史 / / 筑摩書房
空虚な中心って概念使えたら便利だよなぁ。色々と。
演出家の仕事 (岩波新書 新赤版 1105)
栗山 民也 / / 岩波書店

[PR]
by lunettes | 2008-01-07 21:09 | アニメ

新年声優界モノメモ。

声優買い物と変換したかったがまあいいか。そして新年はマンガしか買ってない。

ロサからずっと借りっぱの『アイドルマスターゼノグラシア』#1~10をようやく見る。
なんだよ、普通に面白いじゃない。そして普通に井口裕香いい新人声優やがな。あー課長腹立つなぁ。やっぱ超と言われるだけはある。いやそれは生まれたときからだ。運命論者になるで。
ちゃんと震えるところから叫ぶところまでの新人声優らしい幅があって実にシンクロしていて気持ちいい。新人声優かくあるべしって話かな。
オペレータ能登って普通に外さないよなぁ。の割りに1話近辺オペレーション慣れしていなかったが。眼鏡のうちの声として声を出しているうちはいいが、ちょっと表に出ると案外と言うか当たり前と言うかあくの強い人でもあるのでとたん違和感出すなぁ。かわいいわ。


『しゅごキャラ』#12、13
夏樹リオ(水樹のマネージャしてる人)が水樹奈々のことをコントロールできると豪語しているのに対して、水樹奈々の声は一見我々にも従順な調教しやすい声をして放り出されているが、すぐに牙をむく獣性が聴こえてきて、ああ、もう声優っていいなぁと思う。なんじゃそら。この場合の従順さ、獣性がどこに由来するのかと言いますとって話ですよ。
もう色々めんどいから恣意的なb-c平面で考える。とりあえず伊藤かな恵から考えてみると。新人がアニメでいきなり主人公務めるにはやっぱりb値かc値が極端であることが大事だと思ってるんですが。大事と言うか。そのうち馴らされて、あるいは均されてb、cがまろやかに名って行くと思うんですが。本当か? で、まあ伊藤かな恵ってのはキャラなりするのもあって高b寄りにb値を広く取っている。それに対して奈々ちゃんは実にb値が0に近い。それはすなわち地味さにもつながって。この辺が見た目の従順さってことの説明にしよう。

このあとの獣性の説明を
・bはニュートラルな水樹奈々、b性をc値の高低で表そうとする水樹奈々。
・b-c平面と言うのは言い方を変えれば女性性と男性性の鋭い対立が生み出す緊張感
とは言えないか? この場合の女性性と男性性が何を意味するかって話もあるよなぁ。

とかで説明したいのだがどうかなぁ。大変になってきたのでいったん放り出します。

けれどもなぁ単純に野性が良いと言ってしまっていいのかなぁ。ただ飼いならされた声ってのは便利なだけだけど。いやそれも大切だよ。飼いならされきった声と言うのはでもまた逆にあまりに期待にこたえすぎるが故に意識化での期待に応えきれないという欠点もあるなぁ。全部思い込みですわ。



ミソラちゃんかわいすぎるなぁ。今年の目標は福園にあってカンチにないかわいさの差異を言語化することにしよう。ロックマントライブだが。

安那ちゃんもかわいいなぁ!もう。『放浪息子』だが。そしてもったいなくてちゃんと7巻読めないなぁ。なんじゃそら。緊張するんだもの。


そしてようやく旧年含め以下買い物メモ@アニメイト渋谷、福井ほか。
Wonderful World
新谷良子 / / Lantis
前のアルバムのほうがよかったんじゃないか? あるいは「ロストシンフォニー」が完成されすぎていたよきっと。
S線上のテナ 2 (2) (まんがタイムKRコミックス)
岬下部 せすな / / 芳文社
放浪息子 7 (BEAM COMIX)
志村 貴子 / / エンターブレイン
これキャスティングとか真面目に考えるとすげー難しいんじゃないのか。いやどの作品もですが。これは二鳥くんとか新人持ってくるのが一番スマートなようなスマートでないような解決だよきっと。
デイドリームネイション 1 (1) (MFコミックス アライブシリーズ) (MFコミックス アライブシリーズ)
kashmir / / メディアファクトリー
うっかり表紙買い。卑怯な帯だよなぁ。kashmirだし。ってほど作者で好きではないが。
ちろちゃん (1) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
結城 心一 / / 一迅社
四コマだしなぁ。んなこといったらぱれっととかいう糞つまらん四コマ誌の単行本買わにゃならんがな。って「まとちゃん」ってのも読まにゃならんのか。
School Rumble Vol.19 (19) (少年マガジンコミックス)
小林 尽 / / 講談社
案外最近のスクランも嫌いじゃないアイアムだ。案外ではないなぁ。
すごい!アニメの音づくりの現場
/ 雷鳥社
田村ゆかり Live 2006-2007*Pinkle Twinkle ☆ Milky Way*
/ キングレコード
CMでゆかりんがUPにならないあたり悪意とやさしさを感じる。
堀江由衣をめぐる冒険 TOUR FINAL ~Second Tour 2006~
/ キングレコード
ようやく購入。ほっちゃんのライブはストーリー仕立てであまり好きじゃないが、他の声優のライブもしょせんは物語だと考えるとほっちゃんは親切なのかもしれない。

[PR]
by lunettes | 2008-01-06 01:12
アンロックのときの手の動作がかわいすぎて仕方がないんだぜ。
そして一番かわいいのは千葉紗子やなぁ。あらゆる意味で。

あのいかにも千葉紗子が30代になりましたっていう声の出し方がたまらなくかわいいのです。
あー、高木礼子とはドクロちゃんで共演してるか。みなみけもか。他には何かあったかなぁ。
むしろ伊藤かな恵との関係で考えたほうがいいか。多分二人は大きな流れとしては一緒だが逆向きといえるかな。つまり1本路線があって、その上りと下り? 分からない例えだ。


「00」#9「大国の威信」のロックオンに死ぬなよと言われたときにあやひーが返した”うん”だが。”ん”を流さずに結構残したのは何だかあやひーくさい演技ってここらにあるのかなぁとちょっと思わせた。あやひーは結構一言一言をはっきり言うのよね。やっぱり彼女は子ども向けがあってるんじゃないんだろうか。
で、そのせいかスピードがないよなぁ。だけどあー、今の決めるべきところでは決まるなぁ。一長一短か。


「詩夢ぬの王」#1~9
ようやく消化。思ったより楽しめたわ。
だいぶ昔からいたが、爆丸とガンスリのせいで水野理紗が最近気になるアイアム。
アニメ見てても歩くんが男か女かさっぱりわからなかったのは我の理解力が不足しているのか。いや、まあ先入観ってかなり人の思考を縛るなぁという話か。
なんか川上とも子が喋ると思ってると川澄がしゃべるという不意打ちに毎回あうせいか、この川澄はちょっと面白いんじゃないかと思ってしまう。
郷田ほずみの履歴を見てもよくパターンがわからないなぁ。我が普通に見落としているだけだろうか。あるいはそうなるとPサイドの何かだろうか。でもwikiによると水野理紗は郷田ほずみの秘蔵っ子らしいが。wikiによるとだが。
で、まあペヤがかわいいというのは間違いなく、我の性癖であるところの喋っていないときほど声優性が表れると感じるいうやつのせいなのだが。それに+川上とも子錯誤やなぁ。どっちも思い込み由来か。
結局ためにためたその瞬間、無音の状態で僕らに迫る声優性、まさに音がない状態だからこそひしひしと伝わってくるもの、それがあふれ出すわけだが、迫ってくるものが別の声優だと勘違いしているから僕の感覚としてはズレて伝わっていて、音が伝わってきた2歩先で氷解する疑問+本来の川澄綾子性で、まあ言ってみれば二重の極みなわけで。なんだそれ。これはボクにとってのいい川澄アニメであることだ。個人的な話だわ。いや、まあ川上とも子でなくとも、その川澄の最近の獲得した(最近か?)30代であるからこそのメロウな、かつ行き過ぎた青臭さが僕らに超俗的/通俗的な少女性を与えてくれるってことかなぁ。適当なこと言ってるなぁ。


マジレス
ボクは実際には顔が最終的に好き嫌いを決めるとは思っていなくて、じゃあ顔が何を決めるのかあるいは決めないかということだよなぁ。
うーん、、好きになっていいか嫌いになっていいかという部分かなぁ。うーん。
でもただそれは入り口がアニメ(orラジオ、ゲーム)かグラビアかってところの差なのかもしれないなぁ。いや?
いや、そんなことじゃないよ。多分。
鑑賞と愛玩のはなしは分かるんだが。いやでもなぁ。ボクは声優にそんなものを求めたくないという思いがあるのか?干渉と哀願ってことよね。いや?

やっぱりアイアムよくわからない声優存在とか声優性というものに必要以上にスピリチュアルな何かを感じるキモイ我ってことか。

とりあえず持ち越し。来年に。え?


そして今回のエントリの目的である買物メモがようやく出来る。長かった。
しかしなんでよりによって我が買ってるシリーズが同時にたくさんでるかなぁ。
年末年始に消化するか。持ってかえるのめんどいからそれまでにかな。

電撃ばっか。
[PR]
by lunettes | 2007-12-09 23:55 | 声優
『ドラゴノーツ』#7水着回。そして水樹回。
ジークリンデはちんちくりんなのかと思ってたらめちゃめちゃふくよかなのね。ショック。そしてそれでも水樹声。うーん、二律背反。しかし今の水樹ならきっとそれを止揚させる力を持っているよというただの水樹厨みたいな発言。というよりあくまで負の比較の問題でしかないのだ。何と比較するかというと言うまでもなくマクレーン演じる平野綾なのだが。やっぱりあの人大人の女性は無理だよ。結局無理してだしたときにそれが不自然になるってのはやっぱりただの無理でしかないし、あーやの力不足でしかない。それに比して、無理に出してない部分がちょろっとだけ無理しているように聴こえて、それが翻ってかわいさとなっている水樹の結局それって言うのが、巨乳すらも、あるいはナバすらも包み込むやさしさ、あるいは冷たさなのかもしれない。何言ってるんだ。

『メイプルストーリー』
遠藤綾かわいすぎるぞ。そしてときどき脚本が不自由な回があるなぁ。むずがゆい。

『みなみけ』
なんだかんだ言ってみのりんが一番テクニカルでかわいいなぁ。

『スケッチブック』
もう9点あげていいよ。空かわいすぎるわ。そして桃ちゃんの功罪というべきかちょっとビッチすぎね? いや空閑先輩ってあんなもんだったかな?

あー、さっき書き忘れた。そしてそれをおそらく演じられないというのは戸松遥であって、そこがキャリアの差なのではないだろうか。キャリアの差で埋められるように戸松Yo!には頑張ってもらいたい。戸松が演じると仮定してみるよ。そうねぇ、結局まだ表面をなぞる演技しか出来てないなぁ。お前は何様だ。ちょっと余裕がなくなりすぎる。そうすると余裕のない演技をしている小野大輔が余裕のある演技をせざるを得なくなって作品バランスが崩れるよ。そういうことにしようよ。
なんとなく奈々ちゃんはゲーム原作のアニメが合う気がした。なんとなく。でも結構外れてなくなくない?


最近の買物@アニメイト渋谷、大盛堂書店、TSUTAYA、書籍部とか
Rain Of Love
福井裕佳梨 / / コナミデジタルエンタテインメント
表1がふかりんなのに、表4がみのりんってのは違和感。
スイッチガール!! 2 (2) (マーガレットコミックス)
あいだ 夏波 / / 集英社
1巻が売ってなかった。
青空ポップ 1 (1) (りぼんマスコットコミックス)
小桜池 なつみ / / 集英社
青空ポップ 2 (2) (りぼんマスコットコミックス)
小桜池 なつみ / / 集英社
『悩殺ジャンキー』みたいな話だと思えばいいのかな。
イタズラなKiss(3)
多田 かおる / / 集英社
1,2巻がなかった。これ普通に入江くん好きだろ。
平凡ポンチ 1 (1) (IKKI COMICS)
ジョージ朝倉 / / 小学館
時砂の王 (ハヤカワ文庫 JA オ 6-7)
小川 一水 / / 早川書房
小川一水に時間モノやられてもなぁ。いや。
幻詩狩り (創元SF文庫 か 1-1)
川又 千秋 / / 東京創元社
微生物の狩人 上 (1) (岩波文庫 青 928-1)
ポール・ド・クライフ / / 岩波書店
第1章のレーウェンフックだけ読んだ。そういえば我小学校の頃は普通にファーブル昆虫記とか好きな子だったなぁ。なんで文系になったんだろう。
微生物の狩人 下  岩波文庫 青 928-2
ポール・ド・クライフ / / 岩波書店
異人その他―他十二篇 (岩波文庫)
大林 太良 / / 岩波書店
秘密の動物誌 (ちくま学芸文庫 フ 28-1)
ジョアン・フォンクベルタ / / 筑摩書房
やっぱり値段も見ずにちくま文庫買うのは危険だなぁ。別に良いけど。
レベリオン 炎を背負う少年たち (電撃文庫)
三雲 岳斗 / / メディアワークス
レベリオン―放課後の殺戮者 (電撃文庫)
三雲 岳斗 / / メディアワークス
これでばらばらに買っていたレベリオンが揃ったはずだ。
○本の住人 2 (2) (まんがタイムKRコミックス)
kashmir / / 芳文社
GUNSLINGER GIRL 9 (9) (電撃コミックス)
相田 裕 / / メディアワークス
アンジェリカのところで涙するわかりやすくきもい我なんだぜ。あー、担当官も声優代わるんだ。ジョゼさんジョゼさぁん。あの頃の小清水亜美というのは二度と帰ってこないんだぜ。
友嬢サバイバル! 1 (1) (花とゆめCOMICS)
中村 世子 / / 白泉社
なんとなくジャケ買い。ホモもヘテロカップルも百合もないただの女の子同士の友情ものってのは和むなぁ。
S・A 11 (11) (花とゆめCOMICS)
南 マキ / / 白泉社
アニメ化が楽しみすぎる我なんだぜ。そしてキャラの顔違いすぎるだろ。仕方ないとは言え。特に光。あー、原作厨みたいなこと言った。そして後藤邑子かぁ。いや、浅野真澄のほうが。いや、邑子でもまあ。そして芽は喋るのか?
そして『悩殺ジャンキー』11巻も買ったのだが、どうやら既に買ってるらしい。『悩殺ジャンキー』と『S・A』は適当に見ているせいでダブって買う率が高い。困るわ。



中古で買った。
『シスタープリンセス』DVD1~9巻。1巻300円、合計2,700円。これはいい買物をした。いや、家の空きスペースがなくなった。
[PR]
by lunettes | 2007-12-05 02:06

おんしー。

恩賜上野動物園に行ってきた。なっちとよしこと。というとまるで何かだなぁ。6時間くらい楽しんできた。もっとゆっくり楽しもうと思えばゆっくりは回れたが、まあ16時が限界だろう。そしてまず間違いなく暖かいシーズンに行くべきところだよ。寒いよ。
近くにあるから前から行きたいとは思っていたのだが、さすがに一人でいって楽しめるところか分からなかったしなぁ。今なら多分分かるが、年間パスを買ってふらっと寄る分には全然一人で楽しめる、と思う。が多分水族館のほうが楽しいんじゃないかなぁ。
今度は葛西臨海水族園行きます。年内。

東園と西園だと西園の方が楽しかったかなぁ。夜行性の動物舎とカバサイキリンにフラミンゴ、爬虫類で。
東はやる気のないジャイアントパンダとか楽しかったし、ゴリラだの象だのも楽しめたが、やはりワクワクしたのは西だ。いかにもアフリカーンな動物がよかったんだろうか。
あとハシビロコウの頭だけ残して体動かすモーションが格好よかったわ。
あと結構ナバな動物たちがいてワクワクしたなぁ。あれは本来の姿なのかしら、それとも飼いならされた獣たちなのだろうか。


その後、アキバ行って中華というか何か食った。でアニメイトで買物。
カラフルDAYS
南夏奈(井上麻里奈),南千秋(茅原実里) 南春香(佐藤利奈) / / キング
テレビ東京系アニメ「スケッチブック~full color’s」サウンドスケッチブック
牧野由依 / / JVCエンタテインメント
うーん、何で買ったんだろう。いや、何となくCM見たら買わないといけないと思っちゃったんです。というかみなみけってサントラCD出なさそうよね。出るかなぁ。DVD特典とか言ったらただじゃおかない。

[PR]
by lunettes | 2007-11-23 20:32 | メモ
平野綾がここ最近とみにかわいいなぁ。だいたい一昨日くらいから。それよりまえは不快感しかなかったのだが。
まあ「LOVE★GUN」聴いてるからなんだが。
何だかありとあらゆるものに反発し続ける彼女ってのがいとおしくて仕方が無い。20の身空で何に反発しているのか。休んでも良いじゃないか。そしてこんな意見にもただただ反発する。ああ可愛い。今ならきーやんの子どもを孕もうが、中絶しようが、分かれようが、ただただ可愛いと言える。
といいつつ甘っちょろくて前向きな歌詞なのよねぇ。まあ思い込ませる才能だよ。そういうことにしておこうよ。作詞本人なのね。

最近の買物。
もう覚えてないわ。ここ2週間くらい? 覚えてるのだけメモろう。とりあえず今日買ったものから。
国語審議会─迷走の60年 (講談社現代新書)
安田 敏朗 / / 講談社
日本人はなぜキツネにだまされなくなったのか (講談社現代新書)
内山 節 / / 講談社
ヴィクトリア女王―大英帝国の“戦う女王” (中公新書 1916)
君塚 直隆 / / 中央公論新社
〈はかる〉科学―計・測・量・謀…はかるをめぐる12話 (中公新書 1918)
/ 中央公論新社
ネギま!?neo 3 限定版 (3) (プレミアムKC)
赤松 健 / / 講談社
アニメイトにはなかったが生協にはあった。優秀。まあ開けないが。
ネギま!?neo 3 (3) (講談社コミックスボンボン)
赤松 健 / / 講談社
あおいちゃんとヤマトくん 4 (4) (まんがタイムコミックス)
師走 冬子 / / 芳文社
あおいちゃん、頭身低くなってない? かわいい。
あいたま 2 (2) (アクションコミックス)
師走 冬子 / / 双葉社
あいちゃんは樹里ちゃんに愛されているなぁ。かわいい。


前回間違えて『げんしけん』と書いてしまったなぁ、『もやしもん』。コミックスを買わない賢なる自分。おお振りも結局買って無いしな。ロサ、もやしもん買ってください。

今見たいのはまさに花澤香菜ちゃんのえっちぃ演技。大沢はその辺ユルいので案外場合によっては実現しうると思うのだが。香菜ちゃんすっごく青い演技して、それが逆にサキュバスって感じがしそうって思ってるだけなのだが。際限なさそうよね。何がだ。まほ。

『美容少年セレブリティ』の#6が良い話だった気がすると公式見てみたらストーリー詳しすぎね? 見なくて良いじゃん。あ、毎回そういえば思うが、小木茂光って福井出身なんだ。へー。

『デルトラ』のアニメが延長決定って、本スレに。やったー。楽しみだが不安なんだぜ。
[PR]
by lunettes | 2007-11-20 02:28 | 声優
信心して可能性、なりたい自分。

明坂聡美がいるから見てるが。え? あむちゃん役の伊藤かな恵って青二だったのか。へー。あむちゃんのしゅごキャラの非日俳連くささから勝手に主役もそうだと思ってしまってたわ。
最近の我の中の高木礼子の検索の引っかからなさはなんなんだ。スゥの歌でも聞けってことか。にしてもサラのキャラソンは歌詞が本当にうんこと思ってるアイアムです。女性差別的な意味で。そうだったかな?
最近がしがし色んな豊崎愛生のパターンを吸収できている気がする。いいことだろうか。まあそうだろうよ。

『スケッチブック』と『みなみけ』の原作を買ったのだが。
『スケッチブック』は正直驚いたわ。まず4コマなことに。そして確かにこのアニメは麿里たんすごすぎるわ。原作の空とかときどきすごく三丁目の夕日的な顔とか表情をする。なんだこれ。そして思った以上にというかほぼ空声出して喋ってない。確かに青は姉ちゃんのことわかりすぎだ。かわいい。これは原作含めて加点していいなぁ。今なら。いや、新番レビューの話。
だが、やはり原作でも猫の話はうんこやなぁ。人間は勝手に猫に台詞をあてるって文句言ってるのはメタ的な言及か。密リターンズ最終巻の猫の話も苦手だったわ、そういえば。あー、栗原先輩と今こそ信心したい。むしろ田村ゆかりと。
『みなみけ』は正直あまりに原作どおりで、アニメのほうが面白いんじゃないか、アニメ化された部分。というかおかわりってどんな話するんだろう。ただ、アニメ化されていないところは普通に楽しめたなぁ。3巻あたり、水樹の奈々ちゃんが入ったあたりからどんどん面白くなった気はした。
『みなみけ』#5 海に行こうよ
あれれ? みのりんの声変わってなかった? というか荒れてなかった? 1話を見直すと確かに違う気がする。それともただ演技が徐々に変わってきてるだけかなぁ? そうは聞こえなかったが。
『スケッチブック』#6 夏の想ひ出
栗原先輩も食器を齧る黒いあんちくしょうのことは苦手なのか?
確かになぁ、空閑先輩と根岸くんは接点多い気がした、原作読み返して。
あーかわいい、花澤香菜ちゃんを中世にいじめさせる牧野由依と結婚したい、わけではない。ただ、香菜ちゃんの声を浴びるように聴きたい。どうでもいいわ。

先週と週末の買物@渋谷、池袋メイト、書籍部。
理由あって冬に出る (創元推理文庫 M に 1-1)
似鳥 鶏 / / 東京創元社
基本ミステリなんぞ買わないアイアムだが、ジャケ買い。眼鏡っ娘だから! まだ途中までしか読んでないが、柳瀬先輩がこの子だといいなぁ。
魔女ルミカの赤い糸 (MF文庫J (た-05-01))
田口 一 / / メディアファクトリー
何となく。
おみたま通販便(2) 特装版 (バンブー・コミックス MOMO SELECTION)
南 央美/ももせ たまみ / / 竹書房
おみたま通販便 2 (2) (バンブー・コミックス)
南 央美 / / 竹書房
さすがにMOMO今号のとりかえっこ四コマは山東ユカのちょっと無理なかったか。
乃木坂春香の秘密 1 (1) (電撃コミックス)
五十嵐 雄策 / / メディアワークス
原作はここ2巻ほど読んでないが。うーん、やっぱりいまどきオタクってだけでいじめられるのはあれじゃないか。しかも美少女が。そしてやっぱりアキバがでてくる作品は好きではないなぁ。だって我ら渋谷の領域じゃない?
空想科学X Lesson1 (1) (電撃コミックス EX 108-1 THE NONSENSE OF WO)
saxyun / / メディアワークス
ブルーバックス。いえ、嘘ディス。saxyunは他にも仕事してたんだなぁ。てっきりゆるめいつみたいな暮らしをしているものだと。いえ。
Pick-Up Voice (ピックアップヴォイス) 2007年 12月号 [雑誌]
/ 音楽専科社
WORKING!! 4 (4) (ヤングガンガンコミックス)
高津 カリノ / / スクウェア・エニックス
あー、もう伊波ちゃんかわいい。くっつけばいいのに!
みなみけ 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
桜場 コハル / / 講談社
みなみけ 2 (2)
桜場 コハル / / 講談社
みなみけ 3 (3)
桜場 コハル / / 講談社
みなみけ 4 (4) (ヤングマガジンコミックス)
桜場 コハル / / 講談社

[PR]
by lunettes | 2007-11-07 01:28 | アニメ
先週の買物の話。
監視社会万歳の糞みたいな街・池袋に行ってきた。目的はアニメイトとジュンク堂。何故か定期圏内なんだぜ。
池袋のジュンク堂に初めて入った。いや、都内最大級なのは認めるが、面陳を減らしてその分点数を増やしているらしいが。いや、あんまり面白い本屋ではないよ。やはりブックファースト渋谷の方が店員さんオススメのポップとかがあって楽しいよ。あと照明が暗い。ついでに言うと本の上に誇りが積もってるってのはどういう了見だ。まあ渋谷のブックファースト無き今お世話になることになるんだろうが。コミックスコーナーもごみごみしていたなぁ。ああ、我らのブックファーストであったことよ。

みなみけの話。
#3
”好きなんじゃねーのぉ?”ってのが引っかかって仕方がない私です。
千秋から出てくるべき声かと言われれば、最終的には出てくるべき声だと言うべきなのだが、しかしやはり感情が追いついてくれない。ボクはもうちょっと千秋を案外小学生くさい娘として捉えたいのですよ。しかしてあの演技を許すとなると小学生の枠を軽々と飛び越えてしまう。その巨乳性も少女性の逆説的な表現であったことを考えるにつけ、そのビッチさというのが耳につく。
ある種サトリナのブレなさって、それ29歳主婦のブレなさよね。その安定感。あー結婚したい。マリーナと。え?

以下買物。隠すよ。

買物いっぱい。
[PR]
by lunettes | 2007-10-31 02:17 | 買物

ボクが愛した藤田咲。

万人(語弊あり)の愛すべきドールとなってしまったら、まあ我が愛する理由も必然もなくなったよなぁという当たり前の話。
しかしここまでに象徴的だとちょっとおもしろいよね。まあいいや。

ツタヤで中古ビデオ・DVD購入。
トップをねらえ!Gun Buster VOL.1~3
/ ビクターエンタテインメント
別に好きではないが安かったので。
スターシップオペレーターズ 1
/ ジェネオン エンタテインメント
早くボックスでないかなぁ。むしろキャラソ早くカラオケに入らないかなぁ。
学園戦記ムリョウ 二 〈初回限定ムリョウオリジナルBOX仕様〉
/ キング
こっちもはやくBOXでないかしら。
HAND MAID メイ memory:2/5
/ パイオニアLDC
ようやく釘宮のベスト演技が入っている2巻を回収。聴いてみるとやはり脳内よりも間延びしていない。だが、そこに彼女の媚と反骨がつまっていて聴いていて心地よい。夢の声優であったことよ。


みなみケ。ケは毛でも怪でもアトモスフィアでも何でもよかろ。
20回近く聞いているがたいしたことは思いつかんが、適当に。
三姉妹ってのは次女が原点であるべきというパターン的な思考があるわけですが。
井上麻里奈を原点としましょう。
さて、単純な高さ(chinkoのことではない)で言うとサトリナ>マリーナ>みのりんかと思ったのですが、しかしまあおそらくそれ勘違いで。むしろ軽重であったのかなと。みのりんのその鈍重さは巨乳とも表しうるでしょう。
で、その巨乳声というものを考えるに、逆説的に低bitch声であると。bitch声な声優ほど乳がたりない、というより、その非巨乳声により高bitchであらざるを得ない悲哀というやつだ。まあ巨乳声にはbitch/非bitchの両義性もあろうて。
まあどちらにせよここのみのりんはキャリアを重ねることにより媚びも重ねてきたマリーナの前にはそれなりにかすむわけです。
そして硬直した思考により、原点次女、低bitch三女と来たら対称の位置に長女がいるべきであると。そうなるとサトリナが高bitchになる。bitchというか三姉妹で普通に性的な存在よね。彼女。あるいは二律背反的な現象としての処女かつ非処女である佐藤利奈。それは眼鏡属性というものにつながる通路でもあるだろう。あるいは逆なのかもしれない。ちょっとそこら辺は感覚だし今説明できないや。わからん。
ここまで来て驚くことといえばこの三姉妹のchinkoの平坦さというべきであろう。実にフラット。これはもう地平線を思わずにはいられないというくらいに。もしかしたらこのフラットさは『みなみけ~おかわり~』に向けた伏線なのかもしれないなぁ。細田直人の魅せるモノあるいはものへの。まあ音監は一緒だが。

音響監督・蛯名恭範とみのりんってらぶドルぐらいかなぁ。一緒に仕事してるのって。ああ、向こうでも彼女は妹であったか。姉二人の。以前どこかで、というか五月祭みのりんパンフで肉親への想いを演技に乗せる最近のみのりん的なことを書いたが。そこの基本ラインは演技として変えてはいないが、差異があるとすれば、案外演技の質感は一緒なのだが、まあそのグラビティなんだろうなぁ。何だそれは。

茅原実里の隣にいる井上麻里奈と森永理科という話である。
その鈍重さというのはあるいは茅原実里の重力というものの謂いであるのかもしれない。
この重力渦の周囲でくるくると回るフライ的なものとしての軽さの彼女たちということなのかもしれない。あれ?なんか何も説明していないわ。
ところでグラビティとしてのみのりんというのは5次元宇宙からのみのりんということかもしれない。いや、リサ・ランドールとか基本知らないが。何かの書評を読んだ程度だ。まあそこで異世界より来たりしみのりんという神のあるいは天からの恩寵としての声優という実に魅力的なみのりんというものを説明する原理足りえるのかもしれない。
あれー何か今期どっかで恩寵である声優を聴いた気がするなぁ。何だっけか。ああ『ドラゴノーツ』のみのりんか。これもみのりんかぁ。これはまた項を改めて書くかもしれないわ。あるいは声グラで。

ハイ、妄言終了。

パック酒を飲んでいたらケムさんやよしこに驚かれた。何と言うか吾妻ひでおリスペクトです。うんこやなぁ。おっさんかよ。いえ、ホームレスです。
[PR]
by lunettes | 2007-10-24 01:06 | 声優