脳内直結「声優脳」


by lunettes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

タグ:うんこ ( 37 ) タグの人気記事

ぼくらの。

今日見た夢のメモ。

松田咲實トークショーというよくわからんイベントの夢。
何故か主催はディアーズ。
おそらく前日と今日のコンテンツ文化史の授業のせいだ。
会場は御徒町。20時からの開演だから30分くらい前に行けば大学の授業料も払えるねと思って、出て、ATMにならんだらめちゃめちゃ混んでて、やっとたどり着いたらATMが再起動しだして、そんなのあるのか、結局イベントにたどり着いたのは20:02だった。
会場の入り口は茶室のように狭く、ランドセルを背負っていた我は下ろして、何とか入った。会場は超満員でイベントもそこそこ進んでいるように見えた。みんな咲實たんのこと興味津々屋やなぁと思った。
階段状になってる入り口近辺に入ると、スタッフに話しかけられた。このチケットどこで手に入れたの? 急にその辺の記憶がもやにかかったみたいになって思い出せない。チケットぴあで、ローソンで、いや、それとも人に頼んだッたんだっけ? そうだCNプレイガイドです。といったが、スタッフの人が不審そうな顔をしたので、あれ違ったか?と思ったところで、あ、そうだ、CNはミュージックレインのイベントでだと思い出した。ここだけは現実の話だわ。で、何かしらの購入方法を述べたのだが、そしたらスタッフの人がでもこのチケット別のイベントのですよねと笑って返してくれた。咲實イベのチケットは財布に入ってた。
イベント。司会の人が咲實にみのもんたのマネをしてくれと頼んでいた。咲實はなんかよくわからんバンドのボーカルのマネをしてそれに答えていた。それはさすがに夢の中でもなんでだ?と思った。そして咲實は綾小路きみまろみたいな髪形になっていた。嫁と息子には今も大変な思いをさせて申し訳ないと言っていた夢の中で。そしてさすがに話が大きくなったので実家に一度帰ったとも。両親はもう亡くなっているが妹がいると。
この辺で目が覚めた。誰か咲實イベやってくれないかなぁ。

色々と寝ブッチした。
[PR]
by lunettes | 2008-10-21 13:22 | メモ
――いいえ、ケフィアです。

声優を愛するというのは結局のところ、その対象への距離感を探る営みに他ならないということなんじゃないかろうか。というのはつまり、その距離感が明確な声優が好きな声優であり、声優批評へのclueを掴んだということでもあって、距離感をつかめない声優というのは嫌いな声優であり、かつ気になる声優ということでもある。と思う。であるからして嫌悪と和解なくして、声優は語れないんじゃないかしらということの実践。

で、今日の話は沢城みゆき。
『夏目友人帳』で、どうやらアイアム彼女と和解できたようなのでまとめておく。
まずもって我の趣味として技巧的な演技があまり好きではないというのはやはりあって。というよりは、技巧的であるということが前面に出すぎているっていうのがダメなんだろうな。ありがちな平野綾とか。でも実際問題、このテクニカル臭ってのはおそらく別の何かで説明されるべき何かだとは思ってるんだよなぁ。気持ち悪い。
論証無しに書くが、男性の沢城のほうが女性の沢城よりもテクニカル臭がしない、自然に聴こえるというのは彼女のおもしろいところだよなぁ。あるいはもしやこれは一般的なことか?
いや、んなこたないよなぁ。小学生男子をもっぱらとする声優は大概、我の好みではないからなぁ。いやでもキョウジュ系の声を出す桑島はかわゆい。
anyway、その技巧臭ってのは僕らがアニメを見て、対象を捉えるときにワンテンポ間を入れざるをえなくさせてしまっていて、これというのはやはり基本的にはアニメを見るに際してはマイナスにしか働かないと思うんです。あるいは“ナチュラル”な演技の方が良いと考える我の政治的偏向のせいかもしれない。
役に対する彼女の声優としての何がしかの“真剣さ”ってのは確かに伝わってくるし、それは好ましくもあると言えなくもないが、しかし本来そういうのは伝わってくるべきではないんだと思うんだが。そういうことでもあるのかな。
でだ。沢城の男性役と同時に沢城の演技が不自然ではない子を見つけてしまったというのが『夏目友人帳』という話。
笹田純@眼鏡ッ娘で委員長なわけだ。というか個人的にはそれだけで十二分にかわゆいのだよなぁ。本当に。それでおばはんなんだか男の子なんだかようわからん声で話されたら好きにもなるわ!
いや、そうではなく。
つまり女性声優が男性役を演じる距離感と女性声優が女の子の眼鏡っ子を演じる距離感というのが距離的には案外近しい関係にあるということなんじゃなかろうかと我の脳は言うわけです。
つまり沢城は主役級の女の子やっちゃいけないってことだよきっと。えー。
傍観者でしかいられない焦燥感とかこの世界の中心にからめない感じの隙間とかたまんないわ。どゆこと。そして最近見始めたペルソナ、めっちゃメインやなぁ。いや、岡本が視聴者視点だからどうだろう。15話まで見た。緑川がチャーハン作ってた。
あるいはこの子も境界的という意味では別にいいのかな?かな?香菜ちゃん。プリクラ。香菜ちゃんとプリクラとりたいなぁ。
とりとめもなくこの辺で今日は終わらせろ。和解まで話を持ち込めてないぞ。もうしたってことにさせろ。


そしてつまるところ声優語りが自分語りでしかない段階の声優批評に意味はあるんだろうか。知るか。それしかできないんです。うんこ。

メモ(wiki:沢城みゆき)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%A2%E5%9F%8E%E3%81%BF%E3%82%86%E3%81%8D


―――
以下、上とはまるで関係なく唐突に。
『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(著:伏見つかさ/イラスト:かんざきひろ)@妄想キャスティング。
高坂桐乃:阿澄佳奈
高坂京介:浪川大輔
田村麻奈実:桑島法子
沙織:豊口めぐみ
黒猫:矢作紗友里

なんだかベタだなぁ。冒険がない気もするが、眼鏡っ子のほーちゃんが聴きたいだけだから仕方ないという言い訳。アスミスはいい声優ですよね。あるいは最近消化中のペルソナが好きだからかもしれない。
正直男性声優に対する想像力は持ち合わせていないということを実感する昨日今日この頃。
うーん、でもアスミスにティーン雑誌のモデル声は出せるか?
無理やり妹に沢城を持ってくる解釈だとすると、

高坂桐乃:沢城みゆき
高坂京介:―
田村麻奈実:真田アサミ

いや、そうすると真田より氷上の方がおそらくバランスはよくなる。もうそうすると兄はうえだゆうじでいんじゃね? オフ会の二人はどうでもいいや。

いや、ここは兄に沢城とすると、

高坂桐乃:あむちゃん
高坂京介:沢城みゆき
田村麻奈実:千葉紗子
沙織:高木礼子
黒猫:矢作紗友里

うーん、でも高木礼子にあのタッパは表現できるか? というかしゅごキャラ!が好きすぎた。沢城も浮いてるな。最初のテーマからいくとミスった。

あー、妹が水樹奈々でもいいのかなぁ。うーん、でもそれだと兄のことを邪険にできなさそうだよなぁ。いい妹がにじみ出てしまいそうだわ。
あー、なるほどなぁ、藤村歩との差異はそこでいいのか。

高坂桐乃:藤村歩
高坂京介:日野聡
田村麻奈実:伊藤静
沙織:小清水亜美
黒猫:戸松遥

最後除いてあさってかよ。あさっても好きすぎるわ。むしろ夏アニメが好きすぎた。そうすると『うた∽かた』的に解釈もしうるか?

高坂桐乃:よーだ
高坂京介:とびた、、、はさすがに苦しいか
田村麻奈実:ますみん
沙織:ともぞー
黒猫:ゆかりん

もうなんだか妄想キャスティングが逸脱し始めた。はよ寝ろってことだな。
なので一番最初のが妄想キャスティングの決定稿で。


そうなんだよなぁ、戸松、かわいいんだけど定型的過ぎるきらいがあるよなぁ。あと1、2年はそれが逆にかわいらしいところなのだが。それ以降よね。
[PR]
by lunettes | 2008-09-26 04:01 | 声優
坂本菜緒が”イェイ”とかブログで使ってるのは、これどうしたものかと。思わないでもない。思う。

UTSUROさんがやってたのでとりあえずやってみた男性はこないだやったのだが。
ゴルゴを1話分見るくらいは時間がかかった。

めんどいからコメントは省くか今度書く。そして140人程度でどちらも知らないとかいらない選択肢だよなぁ。むしろどっちでもいいという選択肢が激しく欲しかった。
上のほうはまあ、感覚とそう離れてはいない。あと最下層も。けど中間はどうも実感と違う気がするよなぁ。
声優にランク付けする場合、確かに中間って本当にまとめて好きだから分けるのはナンセンスよね。まあ本質的には、声優ならそれだけで無条件に好きだわ、ということだから、声優ランキング自体ナンセンスなのだが。まだまだ青うございます故、ランキングもしたくなるわ。

こばみー、結構いい順位のつもりでやってたのに案外低い。そして2人の甲斐田が実感どおり同順位なのがおもしろかった。

More
[PR]
by lunettes | 2008-06-02 01:47 | 声優
その1は未だに書けずじまいなのだが。

いや、あまりに今の我が”平野綾”というものにとらわれ過ぎていて前へ進めないでいるのではないかと。というか興味関心がジャストナウ、声ヲタとしての声優への接し方、あり方というものにあるってのがうんこなんだろうということはまず間違いないであるだろうよ。
なんと言うかぁーゃにすごく胸を締め付けられるのだよなぁ。何だこれは。恋か。きーやんへの。いえ、違います。
とりあえず棚上げしとかないと他のことが語れない。遠藤綾のこととか、ソウルイーターのこととか、あるいは藤村歩でいいかもしれないが狂乱見られないしなぁ。うちの三姉妹はかわいいと言っておけば事足りるだろうよ。言足りる。あとこの間初めて『イタKiss』見たが、奈々ちゃんはすごくカタいなぁと思った。彼女声優よね。かわいいわ。
[PR]
by lunettes | 2008-05-05 09:13 | 声優

入院日記-81。

声優と私、どっちが大事なの!?と声優に言われたい。
[PR]
by lunettes | 2008-02-22 20:36 | 声優

新年声優界モノメモ。

声優買い物と変換したかったがまあいいか。そして新年はマンガしか買ってない。

ロサからずっと借りっぱの『アイドルマスターゼノグラシア』#1~10をようやく見る。
なんだよ、普通に面白いじゃない。そして普通に井口裕香いい新人声優やがな。あー課長腹立つなぁ。やっぱ超と言われるだけはある。いやそれは生まれたときからだ。運命論者になるで。
ちゃんと震えるところから叫ぶところまでの新人声優らしい幅があって実にシンクロしていて気持ちいい。新人声優かくあるべしって話かな。
オペレータ能登って普通に外さないよなぁ。の割りに1話近辺オペレーション慣れしていなかったが。眼鏡のうちの声として声を出しているうちはいいが、ちょっと表に出ると案外と言うか当たり前と言うかあくの強い人でもあるのでとたん違和感出すなぁ。かわいいわ。


『しゅごキャラ』#12、13
夏樹リオ(水樹のマネージャしてる人)が水樹奈々のことをコントロールできると豪語しているのに対して、水樹奈々の声は一見我々にも従順な調教しやすい声をして放り出されているが、すぐに牙をむく獣性が聴こえてきて、ああ、もう声優っていいなぁと思う。なんじゃそら。この場合の従順さ、獣性がどこに由来するのかと言いますとって話ですよ。
もう色々めんどいから恣意的なb-c平面で考える。とりあえず伊藤かな恵から考えてみると。新人がアニメでいきなり主人公務めるにはやっぱりb値かc値が極端であることが大事だと思ってるんですが。大事と言うか。そのうち馴らされて、あるいは均されてb、cがまろやかに名って行くと思うんですが。本当か? で、まあ伊藤かな恵ってのはキャラなりするのもあって高b寄りにb値を広く取っている。それに対して奈々ちゃんは実にb値が0に近い。それはすなわち地味さにもつながって。この辺が見た目の従順さってことの説明にしよう。

このあとの獣性の説明を
・bはニュートラルな水樹奈々、b性をc値の高低で表そうとする水樹奈々。
・b-c平面と言うのは言い方を変えれば女性性と男性性の鋭い対立が生み出す緊張感
とは言えないか? この場合の女性性と男性性が何を意味するかって話もあるよなぁ。

とかで説明したいのだがどうかなぁ。大変になってきたのでいったん放り出します。

けれどもなぁ単純に野性が良いと言ってしまっていいのかなぁ。ただ飼いならされた声ってのは便利なだけだけど。いやそれも大切だよ。飼いならされきった声と言うのはでもまた逆にあまりに期待にこたえすぎるが故に意識化での期待に応えきれないという欠点もあるなぁ。全部思い込みですわ。



ミソラちゃんかわいすぎるなぁ。今年の目標は福園にあってカンチにないかわいさの差異を言語化することにしよう。ロックマントライブだが。

安那ちゃんもかわいいなぁ!もう。『放浪息子』だが。そしてもったいなくてちゃんと7巻読めないなぁ。なんじゃそら。緊張するんだもの。


そしてようやく旧年含め以下買い物メモ@アニメイト渋谷、福井ほか。
Wonderful World
新谷良子 / / Lantis
前のアルバムのほうがよかったんじゃないか? あるいは「ロストシンフォニー」が完成されすぎていたよきっと。
S線上のテナ 2 (2) (まんがタイムKRコミックス)
岬下部 せすな / / 芳文社
放浪息子 7 (BEAM COMIX)
志村 貴子 / / エンターブレイン
これキャスティングとか真面目に考えるとすげー難しいんじゃないのか。いやどの作品もですが。これは二鳥くんとか新人持ってくるのが一番スマートなようなスマートでないような解決だよきっと。
デイドリームネイション 1 (1) (MFコミックス アライブシリーズ) (MFコミックス アライブシリーズ)
kashmir / / メディアファクトリー
うっかり表紙買い。卑怯な帯だよなぁ。kashmirだし。ってほど作者で好きではないが。
ちろちゃん (1) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)
結城 心一 / / 一迅社
四コマだしなぁ。んなこといったらぱれっととかいう糞つまらん四コマ誌の単行本買わにゃならんがな。って「まとちゃん」ってのも読まにゃならんのか。
School Rumble Vol.19 (19) (少年マガジンコミックス)
小林 尽 / / 講談社
案外最近のスクランも嫌いじゃないアイアムだ。案外ではないなぁ。
すごい!アニメの音づくりの現場
/ 雷鳥社
田村ゆかり Live 2006-2007*Pinkle Twinkle ☆ Milky Way*
/ キングレコード
CMでゆかりんがUPにならないあたり悪意とやさしさを感じる。
堀江由衣をめぐる冒険 TOUR FINAL ~Second Tour 2006~
/ キングレコード
ようやく購入。ほっちゃんのライブはストーリー仕立てであまり好きじゃないが、他の声優のライブもしょせんは物語だと考えるとほっちゃんは親切なのかもしれない。

[PR]
by lunettes | 2008-01-06 01:12

新年声優所感。

といっても平野綾のことだなぁ。好きなのか。いやー。実家でぼんやりと考えたこと以下。

▼平野綾の歌。平野のキャラクターソングがどうにも好きになれないアイアムですが。けれどもキャラソンと思わなければ結構いい歌ぞろいよね。いい歌というか。つまりは。▼実際はそこまでそれほどでもないが平野のキャラソンってどれも一緒に聴こえるってのがあって。吉田真弓とかと比べると劃然たるものですわ。その辺、おいおいぁーゃ、ちったぁ工夫しんさいよと思ってしまうのだが。▼ただ、キャラクターソングでもない、平野綾個人名義の曲でもない、その間のよくわからんが平野綾だけの理屈に基づいた”平野綾が歌うキャラクターソング”というものとしてとらえると、ガラリとその風景が変わって色彩豊かなものとして立ち現れてくる。んじゃないか。▼じゃあその”平野綾が歌うキャラクターソング”というもののどこが魅力的かというと。▼個人名義の平野綾の場合、いや、十二分に歌い方は声優的なのだが、しかしどこか言葉の扱い方が一般的なそれと比べて雑な印象を受ける。で、キャラクターソングの場合はどうかと言えば。おいお前それこないだもソレで歌ったろという話で。▼ただなぁ、『らき☆すた』はちょっと悩むのだが、けどやっぱり、それこなたの出す範囲の声ちやうでしょというのがやっぱりあって。いや歌うときの声がかなり違う人っているよねという解釈をほどこしているのだろうが。▼あー、歌とは離れた話と言うか歌にも言えるという話なのかもしれないが。平野綾に感じるいわゆる”下手さ”というのは畢竟その癖の均質性にあるんじゃないのかなぁと思ったりもするわ。これ結構大事なんじゃないか? そうか?▼つまりは、ある種の声優の、キャラソン/キャラソン間、キャラソン/個人名義間の歌い分けというのは、歌い方の癖を強く出す、あるいは強く消すことによって出されているんじゃないのか?▼で、平野綾の場合は基本部分となる癖はすべて一緒で、彼女が分けているとすればその部分ではなく情感が乗ると思われる部分(いまいちつかめていないが。我がな。)、そこを変化させているから聴こえてくる上においては一緒になってしまうということなんじゃないだろうか。▼で、まあそれは別に”平野綾が歌うキャラクターソング”がすばらしいという説明ではなかったわけだが。▼端的に言ってしまえば平野綾でもない、キャラクターでもない、そういう境界性というものがまとう聖性/性性/あるいは転じて賤性が魅力となっているのだろう。▼ぼんやりとした印象論でしかないわ。▼とまれこうまれ先に述べた基本部分を均質化して、かつそこによく正体のわからない情感なるものを乗せることによって醸し出されている表面的な表れとしての未成熟な喉力が耳に心地よいものとして迫ってくるのではないだろうか。日本語はわかりやすく書こう。▼最終的にはそういう境界的なものが好き過ぎる我の性癖に落ち着くのかもナー。落とすなよ。

なんとなく浮かんだ妄言。
・境界的なものをまとい過ぎていることによって中心的となる逆説を孕んだ声優存在というもの。
今年もよろしくお願いいたします。

そのうち07オブザイヤーか何かしらでも書くかなぁ。今年の抱負と。
[PR]
by lunettes | 2008-01-05 20:52 | 声優
まあヨーコがキャラとしてぬるいってんなら別にこんな歌の解釈でもよかろうて。
「Trust」のはなし。
井上麻里奈のファルセットがないからそう感じるのかなぁ。

そして『らき☆すた』のキャラソンもまま聴いてるんですが、大概どれもこれもどっかで聴いたことある何かしらってのはどういう了見だ。そういう歌だってんならまあ別にいいです。それでいいんだろうなぁそして。しかし元ねたが出てこない気持ち悪さよ。元ねたではない。元ねたでもいいなぁでもそっちのほうが上等だわ。
かがみの「100%?ナイナイナイ」とか、出だしなんかの声優ソングだったか思い出せずキモチワルイ。
で、それらとはまるで関係なく平野の歌が一番腹立つってのはどういうあれだ。好きなのかぁーゃが。


Aice5の感想の続きかどうか知らないもの。以下。
で、結局Aice5とは拡張された堀江由衣自身に他ならなかったと。
独立アイドル機関であるところの田村ゆかりと比して、である。なんだその日本語は。
あるいはもしかしたら不可視のほっちゃんのモノというのもの可視的な表現であったのかもしれない、ということか。
堀江由衣という声優は、我々声ヲタがちょっと気を抜くと見知らぬ場所へ行ってしまいかねないという意味においても、天使性という言葉は採用されるべきであろう。というかこれは我が『サマー/タイム/トラベラー』で涙腺緩む病気ってことか? あるいは宇宙的な/普遍的なものにたいする我(々)の恐怖と言ってもいいのかもしれない。
アイドルの死というのは、すなわちファンにとって透明なものになってしまうということでもあると思うのですが、それというのは上記に示したところの堀江由衣という存在にとっては致命的だと。
それの解決策が、声ヲタにも何とか感じ取れる”モノ”というもの、であったり、「Aice5」という声優アイドルユニット、ではなかっただろうか、と。

、、、。もはやこの文章が何のためのものかさっぱりわからん。少なくとも声優についてのそれでないことは書いた我でもわかる。が、それでもほっちゃんに人生狂わされた声ヲタの気違った心根の欠片だと思っていただければ。

そしてまだまだ堀江由衣の共意識には話が繋がってないし、Aice5ライブの感想も書いてないぞ。つづくのか? つづくかもしれないです。


そんなことはさておき、最近の買物。
新世紀エヴァンゲリオン (11)
貞本 義行 / / 角川書店
School Rumble Vol.18 (18) (少年マガジンコミックス)
小林 尽 / / 講談社
1/19 B pm -ナインティーン ビーピーエム- 平野綾
平野 綾 / / 主婦の友社
うん、まあ。
Aice5メモリアルフォトブック~recollection
/ 学習研究社
全体的にますみん、それはないだろ、ってかわいさに。いや、かわいくないからね。木村まどかもいいかんじにおばくさい首筋で萌えた。
ぱにぽに 10 (10) (ガンガンファンタジーコミックス)
氷川 へきる / / スクウェア・エニックス
ぱにぽに 10 初回限定特装版 (ガンガンファンタジーコミックス)
氷川 へきる / / スクウェア・エニックス
あー、ベホイミちゃん買い忘れたのか。
エマ 9巻 (BEAM COMIX)
森 薫 / / エンターブレイン

[PR]
by lunettes | 2007-09-24 05:22 | 声優

ニャモ・ナーモ。

奈々ちゃんのかわいさを言語化したい。
[PR]
by lunettes | 2007-09-15 01:58

あ、そう。

よかったわね。

前のお天ちゃんと綾波を掛け合わせる危険な遊び。

次回予告。
あのめがねっ子は山岸マユミと信じる遊び。だが、協力にSEGAがなかったからどう考えても違うよなぁ。キャストが氷上恭子でありますように!
破からはもう完全に別物のにおいがするなぁ。というか月からってグレンラガンかよ。あの子が福井裕佳梨でありませんんように! いや、ガイナではなくカラーだから大丈夫だと信じよう。そして別に福井裕佳梨にうらみはない。が。
しかし新しい何号機かは知らんが、正直好みではないなぁ。

エヴァを終わらせるというのが今回の目的なら新劇場版の方向性はおそらく正しいのだろう。
けど終わらせるというのは結局監督本人の問題よね。おそらく。

僕はエヴァSS世代なのですよ。実は。実はも何も。
はじめて見たのは中2のとき。夏休みのアニメスペシャル的な地元の民放で。ある種の福井県人にとって、エヴァはエルセラーン化粧品のCMとは切っても切り離せない関係がある、ということ。そのとき初めて見たのは「人の造りしもの」。次に見たのは確か「涙」。陸上部の練習が終わってから見ていた。よく考えてみるとあの時は親の仕事場で見てた。親が見てたってことか。
ちゃんと通してみたのは高2のとき。『ラブひな』がきっかけで友達になった子に中2のときの放送のテープを貸してもらった。そのときは放送部の部室でそういえば見た。部活の先輩(♀)はアスカのラミカを生徒手帳に入れてる変な人だった。そういえば。どうでもいい。
で結局アイアム、何度も見ている話ってのはそんなになくて、中古でビデオとLD買ったやつは見てたのだが。つまりは、、、。と思ってこないだ買った『CONTINUE Vol.35』のエヴァ特集見てみたが、「最後のシ者」、「終わる世界」くらいしか何度も見ていない作品はなかった。あれ?
でもカヲルくんの回をまともに見ていないというのは未だに我の負い目だ。何に対する?
ともかくも、それ以来我はエヴァSSを読むくそみたいな人間になったのです。恐らくええ加減受験勉強しなきゃいけないっていう時期に悪はまりしたせいで、勉強もせずに日付が変わるまで延々エヴァSSを見ていた。初めて読んだのが甘LASだった。それが良くなかったのかしら。普通に初めて読むのがLASってのはまあ悪くない入り口じゃないかしら。非常に一般的で。
以下、SSの思い出語り。エヴァSS用語はこことかで補完しよう。
僕が本当に面白かったと思っているエヴァSSと言えば。
『七ツ目玉エヴァンゲリオン』『夏の終わりのコンチェルト』、nakayaさんの作品群(「Genesis Q’」はあまり好きではない。「LOST in PARADISE」とか)、『ここは、第3新東京荘』、三笠どらさんの四コマSS群、『春なき終わり』『海辺の生活』『Vulnerable heart』『見えない明日で』とか。
他にも好きだったのがあるのだが、前のPCが壊れた際にお気に入りがどっかにいってしまった。悲しい。

そしてこのあたりで疲れたので、キモイSS話を放置したまま、つづく。
[PR]
by lunettes | 2007-09-04 02:08 | アニメ