脳内直結「声優脳」


by lunettes
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2007年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧

最近の買物@古本屋、ブックファースト、書籍部。
あー、臨時収入があったのに消えていく。この金銭感覚の無さは病気かも試練ね。無駄金を使った分だけ無駄を手にいいれられたと信じよう。無駄しかないじゃないの。
低俗霊DAYDREAM (3)~(9)
奥瀬 サキ / / 角川書店
単発の話のほうが面白いというのはまあそうよね。もっと説得力と論理のある文章を書けるようになりたい。川澄、浅野真澄が通ってった道を今、誰に歩かせるのが適当だろうかと思案。結論としては私がまったくもって最近の新人声優に疎くなったことに気付いただけだ。U局が映らないことによる弊害か。やはりある程度声優に関して言えば量が必要になるなぁ。

少女には向かない職業
桜庭 一樹 / / 東京創元社
そういえば、ボクが読んだことのある桜庭一樹(『ブルースカイ』、『赤朽葉家の伝説』、そしてコレ)って全部舞台が地方都市であるなあ。他の作品とかはどうなのかしら。やっぱり地方都市の粘着質にまとわりつく呪術的な引力ってあるじゃないですかじゃないですかそうか?、それが本当にえぐくて気持ち悪いのだが、それと女性、少女ってのがさらに絡まるともう気の弱い男の子であるアイアム脳どころか尿を漏らしてしまいますよ。

ワセダ三畳青春記
高野 秀行 / / 集英社
森見登美彦みたいなのかと思って買ってみた。そしたら一応フィクションという形をとった自伝的な青春モノだったわ。こういうのを読むと今のモラトリアム生活に対する理論武装が出来る感覚に陥るのと同時にさて、自分は何をやっているんだろうという焦燥感にやられる。あー、半ニートの大学生なんて死んでしまえばいいのになぁ。

割引の日ということで歌広に行くに07に着いて行く。最初はただよし子とマズを食って、よし子ん家で昔の映画版『地球へ』を見るだけの予定だったのだが。いらん情報を仕入れてきやがって!
映画版『地球へ』をよし子の解説付(コレが杉田智和でコレがコバサナといった類)で見たおかげでテレビ版も何となく理解できた。しかしやはり映画なので展開が早い。ボクがTV版をちゃんと見だしたのがシロエのお話からだったのでてっきりシロエは大事なキャラだと思っていたのだが、いや実際それなりに重要キャラだと思うが、映画だとあっさりとしたもので、とても子安×シロエなんて妄想している暇がなかった。そして今のキャスティングのほうが関係性を妄想できるいいキャスティングだと思った。昔と比べて声優の質が下がったと言う人がいるのかいないのかどの程度なのかさっぱりわからんが、少なくとも僕みたいなアニメ世界内での位置、関係性なんかを至上のものとしてありがたがるような見方をしないでもない人にとってみれば今のほうが幸せなのだろう。
で、歌広にいったんですが。07が6人それ以上が結果的に6人。たかとう先生にロサ、蟹さん、よし子、幻界、そして我。07はタミフル近辺の人とかナ変クンとかちゅるやさんとか。
まあ徹カラ自体は07ッぽい曲と、上が入れた空気を読んでるんだか読んでないんだがわからない曲。まあそんなことは別にいいんです。明けてからどこにも行かず帰ったロサと蟹さんは賢なる者だとそのときも気付いていたが、その後にも改めて気付かされるわけなのですが。小さき匙は残念ながら入れず、結局朝マックとしゃれ込んだわけだが。3階で我らが待っていてもなかなか人が来ないなぁと思ったわけです。でようやくよし子と限界が来て、07は2階にいると。きっとスモーカーがいるに違いないとか3階に気付いてないに違いないとかなんとか色々と解釈することで乗り切ろうとしたが、結果的に新入生との間の溝に気付かされるというオチにしかたどりつけませんでした。深く傷着いた。これからも空気を読まず07徹カラに顔を出そう。そして無駄に9時過ぎまでマックに居座る。結論としてカタギの仕事には就き難いという何とも生き辛い結論だった。
というか歌広じゃ満足できない。パセラ生きたいデスパセラ。


漫然と文を垂れ流してとても気分がいいなぁ。まじめに勉強しよう。
[PR]
by lunettes | 2007-06-16 06:35 | 買物
3,4日風呂に入っていない声優のにおいを嗅ぎたいデス。

脳漏れか。脳漏れ用のオムツとかってどっかに売ってないかなぁ。基地は死んでも直らない。そうですね。脳漏れ用のオムツってつまりはロープってことかなぁ。いや、死んでも直らないってことは死ななくてもいいってことか。なので、我は死ぬまで声優です。

睡眠時間が足りないといつも以上に脳からいらないものが漏れる。

だが、多分、3,4日程度ではさほどいい香りはしないよきっと。夏だとわからんが。
[PR]
by lunettes | 2007-06-13 10:14 | 声優
いや、まあ実家に送りつけるなりなんなりすればいいんでしょけれども。あるいは広い部屋に住めるくらい稼ぐ。無理だわ。
というわけで5月後半6月前半の買物@ブックファースト渋谷、書籍部、メイト渋谷、近所の古本屋ほか。あー、色々無駄にマンガだのラノベだの買ってる気がするなぁ。だから金がなくなるんだ。反省。
クリスマス上等。
三浦 勇雄 / / メディアファクトリー
何となくラブコメが読みたいなぁと思っていたときに、最終巻っぽい帯に完結って書いてあったので買ってみた。とりあえず最終巻と思われる8巻まで購入。あと2巻というところまで読んだ。うーん、思っていたのとはちょっと違うわ。だのでちょっとしんどい。

ハニーコスモス
須田 さぎり / / メディアファクトリー

さゆリン
弓長九天/ / 芳文社
いつもまんタイジャンボを立ち読んでるときとかに読んでいたのだが、ようやくキャラの関係がわかった。さゆりんと勇太くんはよーわからんけどツンツンしたりでれでれしたりなのね。いや違うが。あー、さゆりんかわいいなぁ。

まい・ほーむ 2 (2)
むんこ / / 竹書房
むんこはまい・ほーむが一番面白いなぁ。それだけ。

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん―幸せの背景は不幸
入間 人間 / / メディアワークス
エヴァSSの派生系の一つってことでまとめられねぇかなぁ。というかアイアムこういうエヴァ小説好きだったんです。ひねくれたシンジくんが、精神に以上をきたしたアスカとつきあううんこみたいなLAS。いや、そう言われても。別にLRSでもいいけど。しかしエヴァSSは攻めとか受けとかいう概念はなかったんだろうなぁ。いや、カオシンとかはわかりませんけど。さいごちょっと最初に期待したノリと変わってもにょもにょ。

乃木坂春香の秘密 6 (6)
五十嵐 雄策 / / メディアワークス
5巻読んでないや。飽きてきた。

レジンキャストミルク 7 (7)
藤原 祐 / / メディアワークス

てけてけマイハート 6 (6)
竹本 泉 / / 竹書房

銭 5巻 (5)
鈴木 みそ / / エンターブレイン
毎回オチがぬるいよなぁ。

あぼばクリニック 2 (2)
藤島 じゅん / / 竹書房
ナバちゃんとちょこでドラマCDとか出ないかなぁ。

涼宮ハルヒの憂鬱 (4) 涼宮ハルヒフィギュア付き限定版 カドカワコミックスエース
ツガノ ガク / / 角川書店
うっかりフィギュア付を買ってしまったわ。ところでいつまでマンガは続くのだろう。消失くらいまでかなぁ。それ以上続いたらやめどころないよなぁ、たぶん。どっちにしろ妹ちゃんは頭が足りなくてかわいい。

ボクの社長サマ 2 (2)
あろ ひろし / / 芳文社
さすがに飽きてきたが1巻も買ったし。

声優グランプリ 2007年 07月号 [雑誌]
/ 主婦の友社
知らぬ間に平野表紙が増えているなぁ。声優誌の表紙なんてローテーションだもの。

アニメージュ 2007年 07月号 [雑誌]
/ 徳間書店
ときどきアニメ誌を買いたくなる。

アニソンマガジンVol.1
/ 洋泉社

TVアニメ「らき☆すた」OP主題歌 もってけ!セーラーふく
泉こなた(平野綾) / / ランティス
あー、何で買ったんだろう。

低俗霊DAYDREAM (1)~(2)
奥瀬 サキ / / 角川書店
古本屋にて。

MとNの肖像 (1) 花とゆめCOMICS
樋口 橘 / / 白泉社
古本屋にて。あらすじ読む限りはなんだか春季限定なんとかかんとか事件みたいだなぁ。多分違うんだろうけど。

他にも買った気はするが、思い出せない/探し出せない。買って早々にどっかに行く部屋ってのはどうなんだ。どうもこうもないです、掃除してないだけです。ごめんなさい。
本当に無駄な買物し貸していなくて絶望した。


絶望先生のキャストだが。なんとも冒険心のかけらもない何かだわ。どっか新人ぶち込めよ。成長著しいてぃんぱにーでも期待しようかってところではあるが、ひとまず最近の新谷は一段楽した気もするし。


アニメ消化。
スカルマン、電脳コイル、彩雲国、土日朝。容量がビットレート4.2で51時間分空きになってかなり嬉しい。アニメをガシガシ消していく瞬間が一番気持ちいいわ。
電脳コイルの音監であるところの百瀬慶一ですが、なんかエルゴプラクシーのインタビュか何かで声優さんが、百瀬さんは他の人と録り方が違うって言ってたんだよなぁ。それがどういうやりかただったか思い出せない。あー、篠原涼子の「愛しさと~」のプロデュースとかやってたんだ、へー。とネットを調べてみて思った。斉藤梨絵はエルゴプラクシーから引き続きか。引き続いてはいないが。むしろ斉藤梨絵ってエルゴプラクシーでしかアイアム知らないんだよなぁ。見たことないけど。むしろむしろ声グラのロズウェルの記事しか知らんわ。


ペプシのアイスキューカンバーはキュウリだということを忘れられれば飲める。キュウリを意識すると青臭さが鼻につく。コーラを期待するとガッカリするわ。ただの清涼飲料水か。ペプシブルーとかまた売ってくれないかしら。ああいう明らかにやばい色した飲み物は嫌いじゃない。しかしきょうびの日本でこういうやばい色合いの飲み物とかって受け入れられているのかしら。お米の国だけにしとけばいいのに。
[PR]
by lunettes | 2007-06-13 08:09 | 買物
木金をそれぞれ1.5~2か月分くらい消化した。疲れた。
ぺや
ミサトン
森永
奈々ちゃん
水沢さん。
それぞれなんかかわいいなぁと思った人だったりなかったり。
にしてもDTBの奈々ちゃんかわいすぎるわ。あと最近ミサトンがかわいいわ。かわいい。豚。かわいい。

『のだめ』
ぺやに比べて関智がいまいちに聞こえる耳なのですが。もう少し低い声と思っているからかなぁ。その違和感かしら。

『怪物王女』
さすがに森永だとわかっていればふがだけでも十二分にわかるなぁ。フガの2文字のどこに宿るのだろう。今まで色んな人に言って誰も理解してくれないのだが、声の中心があってその周縁でふるふる震えている部分があるじゃないですか、いや少なくともボクの頭の中ではイメージ浮かぶんですが、その部分が声優ごとに違うと思っているのですが。

『DTB』
1、2話を見ていないせいかさっぱりどことどこが協力していて、対抗しているのかさっぱりわからん。
あー、そうか上に書いた周縁のところがより際立ってるほうが、我、声優だと思っているのかなぁ。奈々ちゃんも。
そう、不思議なことに、中心は変わるが周縁は共通している気がする声優の何か。

『ロミジュリ』
ハッピーエンドにならないかなぁ。




そうなんだよなぁ、今回の騒動で感じる不快感って、結局声優ファンというのが底の浅い人たちだと露見してしまったことに対する失望感なのかしら。悲しいわ。


眠いから本当に適当なことしか書かない。
[PR]
by lunettes | 2007-06-11 05:22 | アニメ

宝石。

といっても藍蘭島のキャラソンではない。ってあれは宝物か。まあいいや。

唐突に「宝石」(井上麻里奈)をちゃんと聴く。というか昨日ようやく買い直したiPodに入れたってだけなのだが。そしたら、今現在、そして今に至る井上麻里奈のすべてが凝縮されていて、衝撃を覚えた。やはり声優存在というものはデビュー作に宿るものであるなぁという思いをあらたにする。

というか常々そう思っているからそういう風に聴いちゃうだけなんだろうなぁ。きっと。というかそうだわ。

実際、宝石よりenergyの方が好きだわ。

初期から結構安定していたのかなぁ。声って。コゼットをちゃんと見てないからわからないわ。
ただ井上麻里奈って低いところで高い声を出そうとすると不安定になる気がするなぁ。大概の場合そこが一番かわいく聴こえるのだが。というかその部分って結構マリーナの演技の癖よね。多分。


青い花のキャスティング妄想でもしながら寝よう。
[PR]
by lunettes | 2007-06-09 00:32 | 声優

スコアラ。

そうか、福圓、ナレーションか。そうね、マネージャーというかスコアラーが、ってのがすごい声優だと思ったんだ。なんだ、ミサトン、声優か!

ただミサトンにムッターを感じることは基本的にないからなぁ。あー、これまでもこれからもミサトンは楽しみな声優さんであることです。


そうなんだよなぁ、別にアイアム男性声優たいして興味ないのよ、残念ながら。いや、おお振りはちゃんと聴こうとは思っていますってば。
あー、ほんとうにホモが嫌いな男の子なんていないなぁ。
[PR]
by lunettes | 2007-06-07 07:20 | 声優

リーフとバルダ。

#22 魔女テーガンの復活
こいつらかわいすぎるわ。あー、もうでれでれするリーフかわいいなぁ。そして下屋の声が未だに検索できない。
ジャスミンもかわいいというか、あやひーおばさんくさくなった? デルトラ終わってもあやひーにお仕事がありますように!
そうか、あやひーに仕事がなくならないようにリーフとバルダがいらんことをして話を延ばしているのか。いい話だなぁ。

『ハヤテのごとく!』#9 エロイムエッサイム。ウシくんウシくん!なんだいカエルくん?、#10世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ
伊藤静は大概かわいいけどなんか違う演技をしてくるよなぁ。何でだろう。
はいはいみくるんみくるん。この時間帯にこんなおっぱいはありなのか? グレンラガンとかあるしいいのか。
あと結構な人が”すべからく”の使い方間違ってるよね。我含め。いつも辞書を見てしまうわ。


『エンド・クレジットに最適な夏』福田栄一
ミステリ・フロンティア何ぞ買って読む。別にミステリではなかった(と思う)。正直イイコちゃんに育ってきたアイアムには主人公がちょっと荒れた中学出身ってだけでしんどいわ。そのせいで都合よく色んなコト知りすぎだと思った。あと普通にエンドが苦いなぁ。バイオレンス度が高い青春小説はしんどいということがわかりました。森見登美彦でも読んでなさいってこった>自分。
あ、そうか葵はCV福圓でいいかもしれないな。躁考えるとミサ豚はいい声優だなぁ。


最近、毒にもクスリにもならない(アニメ、声優、etc)という評価で何かを馬鹿にしようと思ったのだがなんだったか思い出せない。
[PR]
by lunettes | 2007-06-05 02:20 | アニメ

時かけ聖地巡礼。

というのはまあ後付というかそういえばというか。

ふと歩いて上野まで行く。ちょっとは文化的なことでもしようと思い、ふらりと声優美術館、もとい国立西洋美術館に入る。『パルマ―イタリア美術、もう一つの都 展』をやっていた。東大生は団体料金扱いらしく、800円で入れた。しかも常設展は東大生はただですってよ。東大生だけではないが。いい暇つぶしの場所を見つけた。
普通に宗教画でも受け攻めを考えるのは何だかなぁと思ってしまった。あとは、なんだろう。ヨセフは大概悲しそうな目をしているなぁ。
あとはなんだろう。警備のお姉さんは大概かわいいなぁ。誌ねばいい。我が。
常設展も見る。ロダンの考える人とかがあるのね。あとは睡蓮とか。どうせタダでまた入れると思って流し見る。
中途半端に時間があったのでそのまま国立博物館へ。特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ -天才の実像」
思ってたのと違った。で、常設展の平成館にある考古展示室を見る。国宝の銅鐸とかあってちょっと感動した。時間があるときにまた東洋館とか見に行こう。
まあ上野観光の感想はどうでもいいですよ。

本郷例会のあと、声優を飲み足らないからとロサ邸に行く。が、声優斗さんからのこっち来るなという電波を感じ取り、我が家へ。声優を飲む。

ところで、ますみんの日記ですが、何を今更白々しい!って思わないでもなかったのですが、よくよく考えれば事件自体はちょっと権力持ったおっさんが16歳の子にいたずらしちゃったってだけなんだよなぁ。そりゃますみんなら怒るよなぁとは思わないでもない。そうなんだよなぁ、別に枕って話では全然ないんじゃないか? いや、容易に枕に結びつくが。

で、井上麻里奈が普通にいい女でなんだかもにょる。友情物語みたいな世界とはアイアム無縁ゆえに。

結局みんな声優が処女じゃないってことに気付いてしまったから傷ついてるんじゃないの?
[PR]
by lunettes | 2007-06-03 01:44 | 声優