脳内直結「声優脳」


by lunettes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

LMS。

よくよく思い返してみると、我、あんましLMS(ラブラブミサトシンジ)って見たことないなあということに気付いたんです。
曖昧な印象だと、LAS>LRSであとはもう対した差がないところか? いや、LMS(マナ・シンジ)はそこそこあったかな? それともマナリアン気味な我の補正記憶か? LYSもそこそこあったか? いや、これは我が読んでいたのが偏っていたせいだと思う。さすがに。基本ユイは断罪対象かあるいはゲンドウを尻にしくかか。

で、LMSはそんなに見かけないものの、18禁SSだと結構見る。最終的にはLAS/LRSになるのだが。
で、ミサトの役割といえば物語上でシンちゃんと始めてやる人。
”帰ってきたら”の続きであったり、童貞キラーとして食ったり。
そのような初めての女性(ひと)としてのミサトというのを考えるにつけてもやはり『ヱヴァ・序』は実にSS的なドリームであると思うのです。

そしてそのようなドリームに基づいた話であるとすると、『破』以降おそらくミサトさんのポジションはまあ後退するんでしょう。構造的に。それでも『破』以降でもミサトさんが存在を主張したらそれは三石の地力なんだろうか。
-----
「もうやんカレー」に連れてってもらう。
スパイシーでは全然なく、思ったよりしょっぱい。
次行くならジャガイモだけ食おう。
やはりマズの方が圧倒的に上だわ。

『劇場版クラナド』。
ソノさん、ぽてまのと見に行った。もらったフィルムはお泊りのときのベランダのシーン。
原作知識0。うーん、そのせいかなぁ。いまいち。
出崎出崎した部分は確かにおもしろかった。だが、止め絵とか使いすぎなんじゃない? さすがにどうでもいいシーンで連発されると、おそらく盛り上がるところなんだろうなあというところで盛り上がれない。光もやたらとまぶしかったなぁ。出崎ってちゃんと見たことあるのは『白鯨伝説』くらいか。もう一度見て出崎調を確認したい。
序盤が冗長でキャラがうざかく感じてしんどかった。これで後半泣けって言われても困るわ。
父親が一番萌えたなぁ。

大人になったほーちゃんが久しぶりにすごくかわいかったというかああいうシチュエーションに弱いだけよね、我が。ほーちゃんルートだけやりたいわ。
-----
今日の買物@アニメイト池袋
こどものじかん 4 (4) (アクションコミックス)
私屋 カヲル / / 双葉社
これで限定版を明けずに済むわ。宝印先生とナバすればいいのに。いや、どちらかというと白ちゃんが好きですが。
七不思議の壊し方 (電撃文庫 さ 11-5)
佐竹 彬 / / メディアワークス

[PR]
by lunettes | 2007-09-17 23:12 | アニメ