脳内直結「声優脳」


by lunettes
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

あ、そう。

よかったわね。

前のお天ちゃんと綾波を掛け合わせる危険な遊び。

次回予告。
あのめがねっ子は山岸マユミと信じる遊び。だが、協力にSEGAがなかったからどう考えても違うよなぁ。キャストが氷上恭子でありますように!
破からはもう完全に別物のにおいがするなぁ。というか月からってグレンラガンかよ。あの子が福井裕佳梨でありませんんように! いや、ガイナではなくカラーだから大丈夫だと信じよう。そして別に福井裕佳梨にうらみはない。が。
しかし新しい何号機かは知らんが、正直好みではないなぁ。

エヴァを終わらせるというのが今回の目的なら新劇場版の方向性はおそらく正しいのだろう。
けど終わらせるというのは結局監督本人の問題よね。おそらく。

僕はエヴァSS世代なのですよ。実は。実はも何も。
はじめて見たのは中2のとき。夏休みのアニメスペシャル的な地元の民放で。ある種の福井県人にとって、エヴァはエルセラーン化粧品のCMとは切っても切り離せない関係がある、ということ。そのとき初めて見たのは「人の造りしもの」。次に見たのは確か「涙」。陸上部の練習が終わってから見ていた。よく考えてみるとあの時は親の仕事場で見てた。親が見てたってことか。
ちゃんと通してみたのは高2のとき。『ラブひな』がきっかけで友達になった子に中2のときの放送のテープを貸してもらった。そのときは放送部の部室でそういえば見た。部活の先輩(♀)はアスカのラミカを生徒手帳に入れてる変な人だった。そういえば。どうでもいい。
で結局アイアム、何度も見ている話ってのはそんなになくて、中古でビデオとLD買ったやつは見てたのだが。つまりは、、、。と思ってこないだ買った『CONTINUE Vol.35』のエヴァ特集見てみたが、「最後のシ者」、「終わる世界」くらいしか何度も見ていない作品はなかった。あれ?
でもカヲルくんの回をまともに見ていないというのは未だに我の負い目だ。何に対する?
ともかくも、それ以来我はエヴァSSを読むくそみたいな人間になったのです。恐らくええ加減受験勉強しなきゃいけないっていう時期に悪はまりしたせいで、勉強もせずに日付が変わるまで延々エヴァSSを見ていた。初めて読んだのが甘LASだった。それが良くなかったのかしら。普通に初めて読むのがLASってのはまあ悪くない入り口じゃないかしら。非常に一般的で。
以下、SSの思い出語り。エヴァSS用語はこことかで補完しよう。
僕が本当に面白かったと思っているエヴァSSと言えば。
『七ツ目玉エヴァンゲリオン』『夏の終わりのコンチェルト』、nakayaさんの作品群(「Genesis Q’」はあまり好きではない。「LOST in PARADISE」とか)、『ここは、第3新東京荘』、三笠どらさんの四コマSS群、『春なき終わり』『海辺の生活』『Vulnerable heart』『見えない明日で』とか。
他にも好きだったのがあるのだが、前のPCが壊れた際にお気に入りがどっかにいってしまった。悲しい。

そしてこのあたりで疲れたので、キモイSS話を放置したまま、つづく。
[PR]
by lunettes | 2007-09-04 02:08 | アニメ